永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    桑田真澄

    1: 名無しさん 2017/05/18(木) 05:36:16.72 ID:zyEgBRdH0

    イチロー(在米16年)「日本の練習は他国にない長所をちゃんと育ててる、代表的なのはサインプレーとか中継プレーの徹底ですね。こういったプレーを日本人が蔑ろにしたら日本は海外に打つ手がなすなっていく」


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495053376/

    【桑田(在米一年?)「アメリカではそんな練習やってない、日本人は間違いがだらけ」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/15(水) 20:20:24.01 ID:SMd8eWSv0

     私がなぜ体罰否定派かといえば、スポーツマンだからだ。スポーツは暴力と最も遠い存在でなくてはならない。
    本来なら指導者は、それを子どもたちに教えていく立場にある。昔は「愛のムチ」と呼ばれていたが、現在では「犯罪」とみなされる。
    スポーツマンシップは選手にだけ求められるものではない。スポーツに関わる人、全員に求められるものだ。

     野球で成功した人は、「体罰を受けたからこそ、成長できて、今の自分がある」と思う傾向が強い。
    体罰批判は、自分の野球人生を否定することになるからだ。
    「嫌だった」と言いながらも「必要だった」と答える人が多い。だが、僕の経験上、体罰は技術の向上に結びつかない。失敗を恐れ、選手の主体性を奪うだけだ。

     指示され、怒鳴られ、殴られた高校球児が将来、どんな人生を送るか。自主的に考え、行動する習慣を身につけるのは難しいだろう。
    それは野球人のセカンドキャリアの難しさにもつながっている。指導者の皆さんには、グラウンドの外でも自分で考え、行動できる選手を育ててほしい。
    そのためにも、言葉で伝える、真の指導力をつけてほしいと願う。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1487157624/

    【【悲報】桑田真澄「体罰は犯罪です。体罰必要派は自分の過去を否定されたくないだけ」】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ