永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    桑田真澄

    1: 名無しさん 2017/05/18(木) 05:36:16.72 ID:zyEgBRdH0

    イチロー(在米16年)「日本の練習は他国にない長所をちゃんと育ててる、代表的なのはサインプレーとか中継プレーの徹底ですね。こういったプレーを日本人が蔑ろにしたら日本は海外に打つ手がなすなっていく」


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495053376/

    【桑田(在米一年?)「アメリカではそんな練習やってない、日本人は間違いがだらけ」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/15(水) 20:20:24.01 ID:SMd8eWSv0

     私がなぜ体罰否定派かといえば、スポーツマンだからだ。スポーツは暴力と最も遠い存在でなくてはならない。
    本来なら指導者は、それを子どもたちに教えていく立場にある。昔は「愛のムチ」と呼ばれていたが、現在では「犯罪」とみなされる。
    スポーツマンシップは選手にだけ求められるものではない。スポーツに関わる人、全員に求められるものだ。

     野球で成功した人は、「体罰を受けたからこそ、成長できて、今の自分がある」と思う傾向が強い。
    体罰批判は、自分の野球人生を否定することになるからだ。
    「嫌だった」と言いながらも「必要だった」と答える人が多い。だが、僕の経験上、体罰は技術の向上に結びつかない。失敗を恐れ、選手の主体性を奪うだけだ。

     指示され、怒鳴られ、殴られた高校球児が将来、どんな人生を送るか。自主的に考え、行動する習慣を身につけるのは難しいだろう。
    それは野球人のセカンドキャリアの難しさにもつながっている。指導者の皆さんには、グラウンドの外でも自分で考え、行動できる選手を育ててほしい。
    そのためにも、言葉で伝える、真の指導力をつけてほしいと願う。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1487157624/

    【【悲報】桑田真澄「体罰は犯罪です。体罰必要派は自分の過去を否定されたくないだけ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/07(土) 21:50:32.63 ID:zd1ZI8ki0.n

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160506-00010007-otapolz-ent

    竹達 彩奈 ‏@Ayana_take
    BPフェアリーズ女神さま役として信濃グランセローズを応援しに長野へ!
    桑田真澄さんとお写真撮らせていただいたり、公式キャラクターのグラッチェと
    撮らせていただいたり貴重な体験だらけでした。
    初めての始球式、緊張したけど楽しかったです!

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://twitter.com/Ayana_take/status/728863289279549441


    引用元: 【画像】声優・竹達彩奈「桑田真澄さんとお写真撮らせていただいた」

    【【画像】声優・竹達彩奈「桑田真澄さんとお写真撮らせていただいた」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/10(水) 15:44:11.47 ID:TwHSmw41p.net

    174センチ 84キロ

    こんなので1年から甲子園で投打で無双してプロ通算170勝やぞ、しかも早生まれ
    センスの塊ですわ


    引用元: 桑田の体格wwwwwwwwwwwwww

    【桑田の体格wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/07(金)11:11:20 ID:w5LHLbtLy

    元巨人、パイレーツ投手で、現在は東大大学院で投球フォーム、打撃フォームなどを研究している桑田真澄氏(46)=スポーツ報知評論家=が、巨人の若手選手を対象に動作解析を行うことが6日、分かった。

    かつての巨人のエースと4番が、強力タッグを結成だ。桑田氏は「投球フォーム、打撃フォームなどについて、野球の効率的な動作に関する研究」をするため、今年4月から東大大学院総合文化研究科に研究生として在籍。入学式の際には「動作解析のモニターとして、シーズンオフには現役の選手にも協力してもらえれば」と話していた。10月28日、巨人が秋季練習を行っていたG球場を訪れ、原監督に協力を依頼し、快諾を得ていた。

    今回は宮國、今村ら1軍経験もある期待の若手投手が対象となる見込みだ。桑田氏は2軍選手を撮影できれば―という意向だったが、G球場で秋季キャンプを行っているという事情も手伝って、左右の若きエース候補を徹底分析することになったようだ。

    動作解析は2000分の1秒まで鮮明に映す超高性能のハイスピードカメラを2台使用。直球と変化球を投げる際のフォームの違いが判別できるほか、打者から見て打ちにくいフォーム、打ちやすいフォームなども分析できる。これまでに桑田氏自身も撮影し、直球と変化球でフォームがまったく変わらないことが判明。通算173勝を積み重ねた現役時代の実績を科学的に裏付けした形になった。

    撮影は13日の予定で、この日はG球場の室内練習場でカメラや照明の位置などの確認作業を行った。「今回、原監督や選手、裏方さんに協力していただき、感謝しています。お互いにプラスになるようにしたい」と桑田氏。研究に協力してもらうだけでなく、研究結果を選手にフィードバックする―という理想的な関係で、伸び悩むヤングGの本格化を後押しする。

    http://www.hochi.co.jp/giants/20141106-OHT1T50338.html


    引用元: 桑田氏が高性能カメラ使って動作解析!宮國、今村を丸裸!

    【桑田氏が高性能カメラ使って動作解析!宮國、今村を丸裸!】の続きを読む



    このページのトップヘ