永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    澤村拓一

    1: 名無しさん 2019/09/27(金) 12:38:31.78 ID:cMmoQi4Z0

    プロ1年目の11年4月21日、初勝利の夜に届いた祝福メールは保護され、年季が入った折りたたみ式の携帯電話に残る。
    「僕の唯一の保存メールです。消えたら嫌なので、なかなか替えられなくて。一生大事にします」。9年間の感謝の思いをマウンドから伝える。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-09261120-nksports-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569555511/

    【【巨人】澤村、折りたたみ式携帯電話を機種変せず10年間使用ww 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/27(金) 12:42:07.71 ID:xyOxzzwR0

    巨人沢村拓一投手(31)が27日のDeNA戦に2番手で登板する。中大の先輩で尊敬する阿部とのバッテリー。
    12年10月28日の日本ハムとの日本シリーズではサインミスし、マウンドで頭をはたかれたが、その裏側にあった秘話に潜入。
    後日談とともに、阿部から受けた愛情を振り返った。

    8回無失点と好投し、日本シリーズ2連勝に沸く試合後「沢村ぁ」と叫ぶ阿部の大声が耳に響いた。選手が通常使用するロッカー室ではなく、
    スタッフが使用する第2ロッカー室に呼ばれた。
    「殴られるかも。でも、阿部さんなら殴られてもいい」と向かうと、熱い思いを明かされた。

    阿部 ああいう大事な試合でサインミスなんか、ありえないだろ。どこの大学だ? 
    お前には(内海)哲や(杉内)俊哉よりも高いものを求めている。だから、厳しくする。

    涙がボロボロとほおを伝った。野球で泣いたのはプロ入り後初めてだった。
    頭をはたかれた瞬間は「ここでですか?」と思ったが、
    思いを聞き「愛があって、そんなふうに思ってくれてることがうれしかった」と阿部が部屋を去った後も1人で泣き続けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-09261120-nksports-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569555727/

    【巨人・澤村「殴られるかも。でも、阿部さんなら殴られてもいい」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/19(日) 02:44:52.67 ID:GqIQcB870

    今季は当初、先発へ配置転換されたものの4月6日のDeNA戦(横浜スタジアム)で4回途中4失点と振るわず二軍降格。
    一軍再昇格となり、チーム事情でリリーフへ再々転向となったが「僕はチームのためにやるだけなんで。それがどこのポジションであろうと自分のできる唯一のことは腕を振るだけ」と謙虚な言葉を並べた。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558201492/

    【巨人澤村「どこであろうと腕を振るだけ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/18(土) 03:31:56.47 ID:NpqnILEk0

    巨人宮本和知投手総合コーチが、沢村の好投に目頭を熱くさせた。

    「先発、リリーフといろいろ申し訳ないことをしたなと。つらい思いをさせたなと思うけど、『やっぱり、お前が必要なんだ』と伝えた。涙が出そうになりました」と目を潤ませると、こぼれ落ちないように急ぎ足でバスへと向かった。
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201905170001331_m.html?mode=all


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558117916/

    【【巨人】宮本コーチ「『やっぱり、お前が必要なんだ』と澤村に伝えた。涙が出そうになりました」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/13(月) 20:46:35.80 ID:FGfkED8fH

    「今、巨人の最大の補強ポイントは抑えの投手スタッフです。それでも、澤村を再び後ろに回そうと考えているコーチはいない。
    相応な選手を獲るには出血の覚悟が必要ですが、澤村なら十分ビッグネームでしょう。実は唐突な6日の先発は“見本市”だった可能性が高い。
    先発として通用するところを見せ、他球団からの挙手を待ったわけです。
    実際、球団は日本ハムやオリックス、岸、則本を欠いて先発が苦しい楽天などとのトレード話を水面下で進めていました。澤村がKOされた翌週、ナゴヤドームの遠征先にわざわざ編成担当が駆けつけており、チーム内には緊急補強の緊張感が漂いました」(スポーツ紙デスク)

     この直後に澤村は暴行騒動を起こし、トレード話は立ち消えになったという。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557747995/

    【澤村さん、日本ハムオリックス楽天とトレード寸前だった 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/11(土) 20:56:46.04 ID:5E15u6Bea

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000026-tospoweb-base
    巨人時代のユニホームを身にまとった笠原氏は「澤村さん、やっちゃったんすか!」「新宿の繁華街で泥酔してやらかしたんですか?」
    と呼びかけると「でも俺は信じていません」と続け、全体的には「先輩はそんなことをする人ではない」
    というトーンで進行。澤村とベロベロになるまで何度も飲んだ自身の経験から
    「絶対に理由がない限りは変なことを起こさない」「暴力を振るったりする人ではない」とした。

    実際、2015年に六本木のクラブで、澤村に暴行を受けた男性が
    警視庁麻布署に被害届を出した「六本木事件」についても当時
    事件を報じた東スポWebの記事を動画の中で引用しながら「自分も一緒にいた。殴ってはないです」
    と新証言。男性とのやりとりを再現しながら「暴行したっていうのはないです」と全面否定した。

    また、現役時代に澤村からもらったアドバイスや、澤村が1年間禁酒をしていた時のエピソードを披露。
    その上で「澤村さん、お酒はやめましょう」「やめてたころはメチャメチャ成績良かったです」
    と呼びかけた。さらには澤村の現在の投球フォームのワンポイントアドバイスまで…。
    巨人時代に何かとお世話になった先輩が、今回の事件によって窮地に陥ったことが、気になるようだ。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557575806/

    【笠原将生「澤村さんお酒やめましょう、やめてたころは成績良かった」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/05/09(木) 15:14:18.85 ID:F4hCM3Ef0

    プロ野球・読売ジャイアンツの澤村拓一選手(31)が酒に酔った状態で見知らぬ人物に暴行したとして、球団が謝罪した。

    澤村選手は「お酒を二度と飲まないという断酒の誓いを立て、今はチームの勝利に貢献できるよう練習に精進しています」などとコメントしている。


    読売巨人軍広報部は5月8日、J-CASTニュースの取材に対して文書で回答した。回答書では、

    「本人は酒に酔った上、エレベーター内に乗り合わせた方の首のあたりを片手で突然つかんで数秒の間、
    壁に押し付けたため、周囲から止められました。球団としては本人を厳重に注意し、先方の方には本人が謝罪した上で、話し合いは円満に終了ました。
    本人は深く反省し、いずれも自らの意思で、一切お酒を口にしないことを誓う断酒の誓約を書面で立て、
    贖罪(編注:しょくざい)の意味で野球振興のための寄付を申し出て実行しています。球団としても改めてお詫びいたします」
    としている。また、澤村選手のコメントも載っており、内容は次の通り。

    「見ず知らずの方に怖い思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。
    このようなことは人として決して許されるはずはなく、お酒を二度と飲まないという断酒の誓いを立て、
    今はチームの勝利に貢献できるよう練習に精進しています。先方の方、そして巨人ファン、野球ファンの皆さまに深くお詫びいたします」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16428298/


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557382458/

    【巨人・澤村拓一「お酒を二度と飲まないという断酒の誓いを立てます。」 巨人「話し合いは円満に終了」 】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ