永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    ブリンソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2023/07/11(火) 14:40:50.87 ID:bTgYB

    「これでは巨人はなかなか浮上できませんね」

     ロッテ、西武OBで通算2081安打を放った名球会会員の山崎裕之氏(評論家)が指摘するのは、巨人の走塁である。

     首位阪神に3.5ゲーム差に迫った9日のDeNA戦。初回に先頭のルイス・ブリンソン(29)が中前打で出塁したものの、続く丸の左飛で飛び出して併殺。延長十二回の末に0-1で敗れただけに、原辰徳監督(64)が「目の前のプレーだから自分で判断しなきゃいけない」と苦言を呈する痛いミスとなった。

     冒頭の山崎氏が続ける。

    「開幕して3カ月余り。ブリンソンはいくつ走塁ミスをしましたか? 判断ミスやアウトカウントを間違えたことも何度かある。それでも原監督は打撃力を買って使い続けているが、少年野球レベルのボーンヘッドがここまで多いと、ベンチはシラけます。9日の完封負けと無関係とは思えません」

     これまで打率.243、6本塁打、23打点。ブリンソンのケチのつき始めは、4月6日のDeNA戦だ。二回1死一塁から左中間を破る大きな当たりを放ち、勢いよく二塁を回ったものの、一走の岡本和は三塁で止まっていた。慌てて二塁に戻るも、二、三塁間で挟まれ、押し出される形になった岡本和が本塁でアウト。まだ2死だったが、アウトカウントを間違えた助っ人は、ベンチに戻ろうと三塁ベースを離れてしまい、自らもタッチアウトとなった。ダブルボーンヘッドで絶好のチャンスを潰した。原監督が「二度と起こってはいけない」と激怒した珍プレーである。

    ■東京ドームに飛び交った「またかよ~」

     その後、5月3日のヤクルト戦でも、三回1死二塁から中飛の際に二走として猛然とスタートを切ってしまい併殺。これも2アウトと勘違いしたからで、東京ドームで「またかよ~」という巨人ファンの怒号が飛ぶ事態となった。

    「アウトカウントの間違いはプロとして論外です。一塁走者として一塁から二塁にタッチアップを試みようと一塁ベース付近で待ち、打球が抜けてからスタートをしたけど二塁止まりという判断ミスもあった。普通なら1点が入るところでした。延長時に牽制に誘い出され、原監督がベンチを叩いて怒った試合もあった。走塁の判断はセンスによるところが大きいので、練習で改善できる問題ではないかもしれない。原監督の『打撃優先』の選手起用が、チームの足かせにならなければいいのですが……」(山崎氏)

     巨人の山口寿一オーナー(66)はこの日(10日)、都内で開かれたプロ野球のオーナー会議後、今季が3年契約の2年目の原監督の手腕について「お任せしているわけだから。戦力が十分にそろっていない段階で開幕をして体制を整えてきています。7月、8月と勝ち星を重ねていければ、先が見えてくる」と言及した。

     原監督が重宝する助っ人が、浮上の勢いをそいでいるとしたら、オーナーのエールもうのみにできない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed6463fc29b8fda8da1e95115b922ae0985288a4


    引用元: https://talk.jp/boards/livegalileo/1689054050

    【巨人ブリンソン“少年野球レベル”のミス続き…原監督「打撃偏重采配」がV争いの足かせ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2023/07/09(日) 21:47:24.72 ID:6SRXIZXZM

     巨人のルイス・ブリンソン外野手(29)がDeNA戦(東京D)に「1番・中堅」で先発出場。初回に走塁ミスで併殺を招いたが、原辰徳監督(64)は「重箱の隅を…」とかばう姿勢を見せた。

     ブリンソンは6月30日の阪神戦(東京D)で13打席ぶり安打となる左翼線二塁打。来日初のスタメン1番に起用された今月2日の阪神戦(東京D)では初球を初回先頭打者本塁打として、原監督から「彼が何とか救世主になってくれば」と期待を寄せられた。

     5日の中日戦(バンテリンD)では来日4度目の猛打賞で勝利に貢献。6試合連続でスタメン1番に起用されたこの日は試合前まで7打数6安打という抜群の相性を誇るDeNA先発左腕・東との対戦だったが、初回の第1打席でいきなり中前打を放ち、東との対戦成績を8打数7安打とした。

     だが、続く2番・丸の左前に落ちそうな飛球を佐野がスライディングキャッチ。ブリンソンは慌てて一塁へ戻ったが、佐野の送球のほうが早く併殺となった。

     終わってみれば、巨人打線は延長12回を戦ってわずか3安打。東には7回まで2安打に封じられ、その後も無得点に終わった。

     試合後、初回の走塁ミスについて聞かれた原監督は「重箱の隅をつつけばさ、そうそう」とブリンソンをかばう姿勢。それでも「目の前のプレーだからね。あそこはもうコーチャーが、もうわれわれがいくら手伝おうとしてもね、自分できちっと判断しないといけないということでしょうね」と苦言も忘れなかった。

     なお、ブリンソンは第2打席以降は東に抑えられ、東との対戦成績は10打数7安打となっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d71dc1e5554a937d27ee38fef6b2e8c73727b251


    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1688906844/

    【【悲報】巨人ブリリリリ、またボーンヘッド 何度やっても学習しない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2023/05/07(日) 02:45:21.17 ID:RhWE7Bdf0

    https://hochi.news/articles/20230506-OHT1T51231.html

    >助っ人の状態について大久保打撃チーフコーチは「僕の口からは言えないですけど、抹消するとかそういうレベルの話ではなくて」と説明した。


    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1683395121/

    【巨人ブリンソン、不穏な空気が漂い始めるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2023/05/04(木) 13:07:31.97 ID:nXdexRGj0

    真中満氏からは「細かいミスが……」という不安の声も。
    大活躍を見せたブリンソンだったが、3回裏には一死から二塁打でチャンスを作りながら、次打者・門脇誠の中飛でアウトカウントを勘違い。
    飛び出してしまい、二塁に戻れずダブルプレーとなるボーンヘッドもあった。
    このシーンについて、真中氏は
    「こうしたあり得ないミスは流れを変えてしまったりする。しっかり確認しないと」と苦言を呈す。


    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1683173251/

    【真中満、巨人ブリンソンの細かいミスに苦言「アウトカウントはしっかり確認したほうがいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2023/04/04(火) 21:34:32.07 ID:c24oviICd0404



    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1680611672/

    【ブリンソンサイクルヒットwwωωwwωωwwωωwwωωwwωωwwωωww】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ