1: 名無しさん 2019/12/03(火) 17:27:39.82 ID:vF2Q5TFf0

助っ人左腕の“薄給″が波紋を呼んでいる。5年ぶりのリーグVを果たした巨人でローテの一角として8勝(8敗)を挙げたC・C・メルセデス投手(25)の来季年俸はわずか240万円増の1100万円。

実は昨年も5勝(4敗)を挙げたにもかかわらず550万円から微増の860万円でサインしており、
周囲から「あまりにも安すぎる」と不思議がられている。そんな激安年俸の裏にはメルセデスの抱える特殊な事情があった。

他球団関係者も「メルセデスはウチだったら年俸5000万円くらいの評価」と小首をかしげる。

 この見立てに巨人関係者は
「今季もC・C(メルセデス)は一軍最低年俸(1430万円)はほぼ満額。
それに勝ち星やイニング数での出来高はきちんと払っている。さらに家族で住める外国人選手用のマンションの経費を合わせればそれ(5000万円)ぐらいになる」と反論した。


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575361659/

【【ニンジン】巨人メルセデス、やはり出来高モリモリの契約だった 】の続きを読む