永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    マギー

    1: 名無しさん 2018/07/12(木) 12:05:59.27 ID:Y4N9xrr+0

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000051-sph-base

    暑さも本格化してきた中、マギーは「とにかく水分を多めに取って、汗をよくかくこと」を心がけているという。
    例年は果物を多めに食べることを意識してきたが、今年、特に多く口にするのがキュウリだ。
    成分の90%以上が水分といわれる野菜で、球場で軽食として出された漬物がハマったきっかけだった。
    自らも自宅で作るほどで、エバラ食品の「浅漬けの素」が大のお気に入り。「僕にはこの味が最高だね」。
    大好物を見つけたことも、夏バテ対策に功を奏している。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531364759/

    【巨人マギー「きうりは最高だね、エバラの浅漬けも最高」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:40:08.30 ID:MywHuVEq0

    村田3号併殺
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000030-tospoweb-base

     巨人から自由契約となり、ルートインBCリーグ・栃木に入団した村田修一内野手(37)が11日、群馬との公式戦(小山)で待望の今季初安打を放った。チームは8―7でシーソーゲームを制し、今季初勝利を挙げた。

     背番号25の見せ場は初回から訪れた。「4番・三塁」で先発出場し、前打者の飯原(元ヤクルト)の2ランで2―1と逆転した直後、相手先発左腕・南の直球を中前へ運び、スコアボードに「H」ランプを点灯させた。
    今季3戦目、10打席目の安打にファンから大きな拍手が送られた。その後は四球、左飛、三直併殺、遊ゴロで4打数1安打。それでも9回の守備では華麗なランニングスローでアウトにし、再びスタンドを沸かせた。

     村田は「言っても、10打数1安打ですからね」としながらも目尻を下げ「次から打っていければ」とさらなる活躍を誓った。


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523616008/

    【マギー2号ホームラン 岡本3号ホームラン 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/12/04(日) 17:56:16.88 ID:/X1N7ILR0

    巨人 元楽天マギーの獲得を正式発表「リスク管理の意味でも必要」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000018-tospoweb-base
    獲得にあたった堤GMは「現地で見たが、アベレージもいいし、広角に打ち分けていた。
    三塁守備も無難にこなせている。一、三塁を予定している。
    人格的にも問題ないし、日本の野球にも詳しく、生活にも慣れている」と説明した。

    巨人の一、三塁には村田、阿部というベテランがいるが、同GMは
    「起用に関しては現場の判断だが、マギーも決して若いとはいえないが、
    ウチの主力も年齢的にバックアップがいないわけにもいかない。
    リスク管理の意味でも必要」とした。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480841776/

    【巨人堤GM「一塁・阿部、三塁・村田のバックアップとしてマギー(年俸2億)獲った」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/12/04(日) 16:50:34.30 ID:LO8O2ul9H

     巨人は4日、元楽天のケーシー・マギー内野手(34)=米タイガース=との契約が基本合意に達したと発表した。単年契約で年俸は170万ドル(約1億9300万円)で、背番号は「33」に決まった。

     都内で取材に応じた堤GMは「アベレージもいいし、広角に打ち分けている感じがあった。一、三塁を予定している。日本の野球にも詳しくて、生活にも慣れている」と説明した。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480837834/

    【巨人がマギーと合意正式発表!背番号「33」年俸1億9300万円】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ