永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    小林誠司

    1: 名無しさん 2017/04/21(金) 09:46:12.38 ID:ta5eSSC+M

    16日、TBS「S1」では、「野村克也の辛口ぼやき解説」のコーナーを放送。この日のプロ野球公式戦、巨人対中日戦を気になる試合に挙げると、
    「小林は今大事な時期を迎えているので、彼の配球術は非常に気になる」と、WBCでも活躍した小林誠司に注目した。

    それでも、3回に小林の打席となり、その打率が.081と表示されると、思わず吹き出した野村氏は「こういうの打率って言うのか。
    1割ないのに打率じゃないだろ。ただの数字じゃん」とチクリ。初球を打ってサードゴロに倒れると、
    「カウントによって打ち方変えるってことをしないんだね。自分はキャッチャーのくせに」と切り出し、
    「まず相手はストライクが欲しいわけだよ。99%外から入ってくるっていうのは読めるじゃん。
    キャッチャーはキャッチャー。打席に入るとバッターになっちゃう。打席でもキャッチャーやれ」などと助言した。

    また、5回表、ショートゴロに倒れた阿部慎之助が一塁まで全力で走らず、ベースの手前でアウトになるや、
    野村氏は「阿部も張本になっちゃったな。(一塁まで)走らない」とため息。野球解説者・張本勲氏の現役時代を振り返って、
    「ピッチャーゴロ打つだろ。一歩も走らない。ベンチに帰っちゃう。日曜に(「サンデーモーニング」で)”喝!”ってやってるだろ。
    お前にそんなこと言う権利あるか」と、阿部のプレーをきっかけに突然張本氏を厳しく批判した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12945191/


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492735572/

    【【朗報】野村克也「張本、お前が言うな」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/29(水)15:48:56 ID:Wnp

    今春のセンバツに出場している選手たちにWBCを見たかと質問すると、ほとんどの選手が「見ました」と答えていた。そこで、彼らが誰のどのようなプレーに心を打たれたのかを聞いてみることにした。

    まず捕手の球児に聞いてみると、やはり大会で大活躍した小林誠司(巨人)の名前を挙げる選手が多かった。そのなかには、大会屈指の好捕手として注目される古賀悠斗(福岡大大濠)もいた。

    「WBCを見ていて、配球やスローイング、捕手としてのまとまりがすごいと思いました」

    22日の創志学園との初戦では、WBCでの小林のプレーを再現するかのような好プレーを見せている。5対2とリードした8回表、一死満塁のピンチで二塁後方にフライが上がった。
    二塁手の斎藤友哉が後退して捕球すると、三塁走者がタッチアップ。斎藤はすぐさま本塁に送球したが、捕手の古賀は本塁のクロスプレーをあきらめ、前に出て捕球して三塁に転送した。
    三塁には同じくタッチアップを狙った二走が滑り込んでおり、これをアウトに。嫌な流れを最小限に食い止めるビッグプレーだった。

    「セカンドが投げる体勢を見て『間に合わないな』と思って前に出ました。小林さんが(14日の)キューバ戦でバックホームを前に出て捕って三塁でランナーを刺したことが印象に残っていて、特別に練習していたわけではなかったんですけど、その通りにできました」

    ちなみに、古賀はプエルトリコ代表の強肩捕手、ヤディアー・モリーナ(カージナルス)のプレーも見たというが、こちらは「次元が違い過ぎて自分に同じことができるイメージが湧かない」と完全に兜を脱いだ様子だった。

    他にも小林が参考になっているという球児の声を紹介しよう。

    「フォークの止め方に迷っていたんですけど、小林選手の止め方を見てマネしました。甲子園でも生かすことができたと思います」(東海大市原望洋・宍倉貫太)

    「キャッチャーとして配球面の勉強になりますが、一番はその存在感ですよね。ピンチの場面でも『盗塁を刺せる』という安心感と信頼感があります。相手の盗塁を1つでも減らせたらチームにとって大きい、ということを自分も痛感しているので」(作新学院・加藤翼)

    しかし、なかには「自分は小林選手より大野選手(奨太/日本ハム)の配球のほうが好きなんですけど」という不敵な感想を漏らす捕手もいた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00010003-sportiva-base


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490770136/

    【【朗報】小林誠司さん、フォークの止め方のお手本になっていた】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/24(金) 21:23:49.66 ID:GjrilN2G0

    第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で前回大会に続いてベスト4に入り、果敢に世界に挑む姿が日本中から賞賛を集めた野球日本代表・侍ジャパン。
    中でも注目を集めたのは、正捕手としてチームを支えた小林誠司(27=巨人)の活躍だろう。
    持ち前の強肩に加えて打撃でも大暴れした小林は、ラッキーボーイと呼ばれ、日本中の野球ファンを驚かせた。

    そして、アメリカでの激闘を終えて帰国した小林に、また一つ大きな勲章が加わった。
    大会ベストナインに選ばれたはずのプエルトリコの名捕手ヤディアー・モリーナ(34=カージナルス)が前代未聞の受賞辞退を表明し、代わって小林が選出されることとなったのだ。

    24日、プエルトリコのサンフアンで会見を開いた祖国の英雄は力のこもった目でカメラを見つめながら淡々と辞退の理由を語った。

    「今大会では私よりもいいパフォーマンスを見せたキャッチャーが日本代表にいると聞いた。
    たくさんの記者、そしてファンが私に投票してくれたことはもちろん光栄なことだ。
    しかし、私は前回大会でもベストナインになっている。
    選手の活躍を公平に評価してくれる賞であればあるほど、私の前回大会での受賞がより輝かしいものになる。
    だからベストナインはコバヤシに与えられなければならないんだ」

    モリーナの発言を受け、主催者側は急遽協議を行い、特例としてベストナインの捕手を小林に変更することを決定した。
    一方、モリーナを選出したファンと記者からの投票も無視できないとの理由から、モリーナにはWBC特別優秀選手賞が与えられるという。

    今大会でモリーナは、24打数、8安打、2本塁打、6打点、1犠打、0失策、0捕逸、1許盗塁、1盗塁刺、打率.333、出塁率.333、守備率1.000、盗塁阻止率.500。
    一方の小林は、20打数、9安打、1本塁打、6打点、3犠打、0失策、0捕逸、0許盗塁、1盗塁刺、打率.450、出塁率.476、守備率1.000、盗塁阻止率1.000。
    両者ともに攻守にわたってチームに貢献したが、小林のほうが打撃成績でも守備成績でもモリーナを上回っていた。

    実は親日家としても知られるモリーナ。
    今大会で日本と対戦することはなかったが、前回2013年の第3回WBC準決勝で日本に勝利した試合後には、落ち込む日本の選手たちを励まし、その健闘を称える姿が話題となった。
    特に当時の日本の正捕手だった阿部慎之助(38=巨人)とは連絡先を交換し、モリーナが来日した際には阿部が東京の名所を案内して回ったり、互いに捕手論を語り合ったというチームメイト顔負けの仲。


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490358229/

    【【速報】モリーナが前代未聞のベストナイン辞退!小林誠司ベストナイン受賞wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/22(水)13:52:10 ID:IzT

    1(中) ラッキーボーイ
    2(右) 劇場版のび太
    3(一) チーム首位打者小林
    4(捕) 世界にしか通用しない男
    5(左) 顔の良い阿部
    6(遊) ヤディエル・ヒジーナ
    7(二) 破壊王小林
    8(三) バスター・セージー
    9(投) イケメンで肩が強くて守備が良くて打撃が好調なだけの選手


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490158330/

    【小林誠司さんが代表で獲得した異名で打線組んだwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/16(木) 19:13:19.46 ID:O/PkXbmh0

    女性「球とる人って何て言ったっけ?」



    テレビでやってた


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1489659199/

    【女性野球ファン「WBC見てます。小林選手カッコいい」インタビュアー「小林のポジションは?」】の続きを読む
    スポンサーリンク



    このページのトップヘ