1: 名無しさん 2016/12/07(水)19:56:48 ID:grf

 山口俊(29)、森福允彦(30)の獲得に成功し、さらに日本ハムの陽岱鋼(29)の獲得も秒読みでオフの主役となっている巨人。
しかし山口と陽はBランクの為、人的補償を要求されることになり、巨人は頭を悩ませているが、どうやら実績があるFA加入組がプロテクトを外れることも例外ではないようだ。関係者が語る。
「当然明言はしていませんが、DeNA、日本ハムの人的補償の狙いは共に巨人の若手選手です。過去に広島に一岡(竜司=25)、ヤクルトに奥村(展征=21)を要求されたように、巨人の若手は高く評価されています。
しかし巨人側もそれを嫌ってか、今回は大物のプロテクトを“ワザ”と外し、そっちに釣らせる作戦です。」

 だが、どんな大物で釣るのだろうか。前出の関係者が続ける。
「片岡(治大=33)です。2014年にFAで西武から加入しましたが、度重なる怪我に悩まされ、今年は32試合にしか出場できていません。
高橋監督は来年、戦力として考えづらい片岡よりもクルーズ、ドラフト1位の吉川尚輝(=22)、今年ルーキーで27試合に出場し打率.256を残した山本(泰寛=23)らで競わせたい考えです。
特にDeNAはセカンドでレギュラーがおらず、片岡には飛びつくでしょうね」

“釣り”は成功するのだろうか。


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481108208/

2: 名無しさん 2016/12/07(水)20:00:26 ID:K5P

衝撃でもなんでもないやろ
むしろ残当やわ


3: 名無しさん 2016/12/07(水)20:03:03 ID:xJl

no title