永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    スポンサーリンク

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/06(土) 19:55:59.39 ID:jVuZY+uj 
      06年 登板なし 900万→810万  
      07年 登板なし 810万→700万  
      08年 登板なし 700万→550万  
      09年 登板なし 550万→600万  
      10年 登板なし 600万→550万  
      11年 登板なし 550万→500万  
      12年 登板なし 500万→  
     
       【辻内崇伸投手(24)の年度別成績】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[sage] 投稿日:2012/10/05(金) 14:29:26.70 ID:fr0zM5s9 
      サンケイスポーツ公式アカウント ?@sankeisports  
       
      ジャイアンツ、星野真澄と大立恭平の両選手に、今季終了をもって自由契約とすることを通知しました。  
      育成での再契約を視野に入れたものとみられます。  
     
       【巨人がまた2人戦力外www星野真澄と大立恭平】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/05(金) 05:18:37.49 ID:WpwQm+yo 
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20121005/gia12100505030000-n1.html  
       巨人・中谷仁捕手(33)が4日、現役引退を表明し川崎市のジャイアンツ球場で「15年目で初のビールかけはすごくいい思い出だった」。  
      1998年にD1位で阪神入り。楽天を経て巨人に移籍した今季は5試合に出場。今後は巨人のブルペン捕手になる予定。  
       
       
       
      たなぼたやけどよかったな  
      【巨人・中谷引退「ビールかけはいい思い出」】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/04(木) 16:50:31.84 ID:QEIprWtb 
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121004-00000307-tospoweb-base  

    3年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。注目は投打のタイトル争いと、CSスタメン争いに移っている。そんな中でエース内海哲也投手(30)を巡る“事件”が、9月28日のDeNA戦(横浜)で起こっていた。

     28日の先発は今季14勝を挙げ、最多勝争いで2位の広島・前田健に1勝差でトップを走る内海だった。

     巨人では、杉内とホールトンも12勝で内海を追っている。その試合の時点で、3投手の残り登板機会は2試合ずつ。仮に内海が2試合足踏みして、杉内とホールトンが2連勝すれば、内海に並ぶ可能性があった。逆に内海が15勝に達すれば、タイトルは確実となる。

     ところがその試合のスタメンが波紋を呼んだ。主軸の長野と坂本に代わり、上位に名を連ねたのは“ダメ助っ人”のボウカー、エドガー。さらに試合では、遊撃・藤村―二塁・エドガーの急造二遊間が、敵に先制点を与える痛いミスを犯した。

     これに内海がキレた。リズムを崩して5回途中3失点で降板すると、イライラが爆発。試合後もぶぜんとした表情で「何もないです!」と3度繰り返して去った。

     チーム内をさらにぎくしゃくさせたのは、杉内が登板した翌日のスタメンだ。長野と坂本が揃って定位置に戻ってきたのだ。これにはチーム内から「テツ(内海)がかわいそうだよ。首脳陣はどうしても杉内にタイトルを取らせたいのか」と憤りの声が上がった。

     結果的に杉内は打たれ、前田健も29日の阪神戦で負けたため、最多勝争いに変動はなかったが、チームの空気は凍りついた。だがベンチとしては、最多勝争いにばかり配慮できない事情もある。

     CSに向けて多くの選手を試したい一方、打者では阿部が3冠王に挑戦中で、長野と坂本も激しく最多安打を争っている。足を痛めている阿部は一塁起用がメーンとなり、長野と坂本に公平を期そうとすれば、同時に外さざるを得ない。

     全員にタイトルを取らせたいベンチの親心はあるだろうが、あちらを立てれば、こちらが立たず…。結果次第ではCSまで尾を引きかねない大問題だけに、首脳陣は今後も起用法に頭を悩ますことになりそうだ。

      utudn

     
       【内海がキレたスタメン格差差別】の続きを読む



    スポンサーリンク


    このページのトップヘ