永久不滅ジャイアンツ

読売ジャイアンツ 2ch なんJ まとめブログ

    スポンサーリンク

    1: 名無しさん 2018/01/23(火) 10:40:00.12 ID:xj0ySuQK0

    巨人・高橋由伸監督が年明けに漏らした「フロントへの苦言」!

     昨季は3年連続のV逸のみならず、11年ぶりとなるBクラスの憂き目にあった“球界の盟主”巨人。
    今季の巻き返しは至上命題だが、キャンプイン直前になっても展望が見えてこない。そればかりか、監督とフロントの間に確執が生まれているようなのである。
    年明けに高橋由伸監督の本音を耳にした、球界関係者が明かす。

    「由伸が信頼する関係者と話しこんでいる席でした。途中、話題が球団のことになると、『球団の考えと自分の考えは違う。自分は球団の外側にいる』と吐き捨てるのが聞こえてきたんです」

     現場責任者の痛烈な球団批判に聞こえる。


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516671600/

    【巨人、由伸監督とフロントの間に確執「自分は球団の外側にいる」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/22(月) 20:00:31.82 ID:tGi91pLR0

    1/22(月) 5:00配信

    2018年の米国野球殿堂入りの発表が1月24日(日本時間25日)に近づいている。
    1936年にタイ・カッブ、ベーブ・ルース、ホーナス・ワグナー、クリスティ・マシューソン、ウォルター・ジョンソンの5人が初めて選ばれてからスタートした歴史ある殿堂入りの今年度の候補選手はすでに発表されており、
    そこには元ヤンキース、アスレチックス、エンゼルス、レイズでプレーした松井秀喜氏(43)の名前がノミネートされている。
    2014年に日本人として初の候補選手となった野茂英雄氏(49)以来、2人目の快挙だ。

     米国野球殿堂は、メジャーで10年以上プレーし、引退後5年以上が経過した選手が対象となり、その中から全米野球記者協会の殿堂審査委員会が候補者を選び、次に10年以上所属している記者の投票によって決められる。
    10人までの連名投票で有効投票数の75%以上の得票があれば晴れて殿堂入りが決まる。

    ただ候補者となれるのは10回まで。以降はノミネートから消される。だが、5%以上の得票がなかった場合は、1回だけで翌年からの候補資格を失う。

     2014年に「日本のジャッキー・ロビンソン」としてノミネートされた野茂氏は、6票しか獲得できず、得票率は1.1%に終わり翌年から候補者から外された。

     松井氏は、1月15日、先に史上最年少となる43歳で日本の野球殿堂入りを果たしたが、米国殿堂入りの可能性はどうなのか?


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516618831/

    【松井秀喜の米国野球殿堂入りは絶望的どころか1年で資格喪失の可能性大 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/22(月)22:37:16 ID:iVx

    まさかその後に巨人どころかセリーグを代表すると言っても過言でないようなスーパー遊撃手が誕生するとはねぇ…


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516628236/

    【二岡智宏とかいう平成時代の巨人を代表する遊撃手…になれなかった選手】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/20(土) 13:49:03.87 ID:PqPU7SBB0

    なんで巨人に行ったかな後先考えられないバカなの?


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516423743/

    【菅野は日ハムに入ってたら巨人より日本一になれてメジャーにもすぐ行けてたという事実 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/19(金) 15:49:36.06 ID:6AnAJVWhd

    内角の打ち方まるで知らなかった吉川尚に草生えたんやが
    コンパクトしか言わない無能に指導されてたらああなるわな


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516344576/

    【菅野、坂本が必死に若手育成してるけどコーチは何してんの? 】の続きを読む



    スポンサーリンク


    このページのトップヘ